Fukushima_Univ Fukushima_Univ
 

福島大学リポジトリ >
120 行政政策学類・地域政策科学研究科・(含:旧行政社会学部) >
120-020 行政社会論集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10270/4549

タイトル: 明治期の文学に見える「家」意識 : 法学と文学との交錯
別タイトル: Der Gedanke über “Ie (Japanisches Familiensystem)” geschildert in dem literarischen Werk der Meiji-Zeit
著者: 富田, 哲
著者別名: Tomita, Tetsu
出版者: 福島大学行政社会学会
雑誌名: 行政社会論集
刊行日付: 3月-2017
ISSN: 09161384
NCID: AN10066228
巻: 29
号: 4
開始ページ: 79
終了ページ: 107
URI: http://hdl.handle.net/10270/4549
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:120-020 行政社会論集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2-514.pdf1.4 MBAdobe PDFサムネイル
View!
 

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください