福島大学附属図書館報「書燈」 著者名一覧

最後|    「書燈」トップページ


---《》------

IR推進部会
   ・福島大学学術機関リポジトリ講演会報告 (No.39)

赤井めぐみ
   ・カウンターの内側から(No. 44)

浅井千絵
   ・カウンターバランス カウンターの内側から (No.19)

浅岡善治
   ・『20世紀ロシア農民史』(No. 40)

芦原ひろみ
   ・
カナダ・ビクトリア大学を訪ねて 海外研修報告 (No.31)

厚美哲也
   ・「こんなものがあったのか!」〜世界の言語ガイドブック〜 (No.36)

阿部浩一
   ・『戦国期の徳政と地域社会』(No.48)
   ・『ふくしま再生と歴史・文化遺産』(No.49)

阿部成治
   ・『大型店とドイツのまちづくり』(No.29)

阿部高樹
   ・図書館の「超」利用法を見つけて生活をより面白く (No.19)

雨森 勇
   ・思い出の一冊 (No.22)

荒木田岳
   ・前向きに行こうぜ (No.30)

新家健精
   ・状況への理解を (No. 2)
   ・創刊によせて... (No. 1)

安斎善明
   ・平成10年度大学図書館職員長期研修報告 (No.21)

飯島充男
   ・イギリス・バーミンガム大学図書館瞥見 (No.27)

飯田史彦
   ・巻頭言「編集者という職業」(No.39)
   ・『日本的経営の論点』(No.22)

飯沼雄太
   ・カウンターの内側から(No. 43)

池沢実芳
   ・『棉積み』 (No.32)
   ・『赤い服の少女』(No.29)

石田葉月
   ・『持続型社会は近づいたか』(No. 41)
   ・巻頭言「夏の図書館」(No. 43)

井実充史
   ・”いまめく”附属図書館 (No.20)

泉田絵美子
   ・こんなものがあったのか! 『 怖い絵』(No. 44)

磯崎康彦
   ・貴重本『Johan Frederik von Ovemeer Fisscher 』 (No.37)
   ・
『江戸時代の蘭画と蘭書』 (No.35)
   ・貴重図書紹介 博物書『アンボン島珍奇物産室』の紹介 (No. 3)
   ・
『ホント先生の幼稚園見聞記』福島大学附属幼稚園創立40周年記念 (No. 38)

磯村和人
   ・『組織と権威』 (No.25)

板橋孝幸
   ・「学びのナビ」コーナー利用のススメ(No. 43)

伊藤喜良
   ・『人物叢書・足利義持』(No. 41)
   ・『天皇・天皇制をよむ』(No. 41)

伊藤昌太
   ・『旧ロシア金融史の研究』  (No.27)
   ・貴重図書紹介 (No. 5)
      Die Grosse Politik der Europaischen Kabinette
      1871-1914のことなど

伊藤達也
   ・夜間開館担当者からひとこと... (No. 4)

伊藤智恵子
   ・「困った時はカウンターに!!」−カウンターの内側から− (No.36)

伊藤宏之
   ・『近代政治理論の古典と現代』 (No.30)
   ・思い出の一冊:『日本資本主義分析』 (No. 42)

伊藤幸夫
   ・思い出の一冊 (No.21)

稲庭恒一
   ・思い出の一冊 (No. 25)

伊部正之
   ・
展示コーナーの利用を通じて(松川事件)(No.40)

今井照
   ・『「平成大合併」の政治学』(No. 41)
   ・『自治体政策研究ノート』 (No. 42)
   ・『自治体再建:原発避難と「移動する村」』 (No. 49)

今西一男
   ・
『社会調査論研究室年報』 (No.31)
   ・購入資料案内『日本近代都市計画資料集成』 (No.30)
   ・『住民による「まちづくり」の作法』 (No. 42)

岩崎由美子
   ・思い出の一冊 『昭和農民始末』 (No.35)

岩本祐生子
   ・留学生と図書館 (No. 8)

岩本吉弘
   ・展示資料解説 ジャン・ボダン『国家論』(1579年、リヨン)[その2] (No.22)
   ・展示資料解説 ジャン・ボダン『国家論』(1579年、リヨン)[その1] (No.21)

受入係
   ・購入資料案内 「図書館の達人 全3巻」「官報 昭和38年〜63年」 (No.10)
   ・購入資料案内 (No. 9)
       Financial Accounting Standard Boards.(FASB)
       法律判例文献情報CD-ROM
   ・購入資料案内 (No. 8)
       帝政ロシア及び現代ソビエト社会・経済研究
       アハターベルク教授コレクション
       ヨーロッパ社会経済思想史研究文献
       イギリス議会資料

臼井嘉一
   ・『社會科理論與融合課程之研究』 (No.23)

内田詔夫
   ・『人間理解の基礎』(No.29)
   ・思い出の一冊 『開かれた社会とその敵 第一部 −プラトンの呪文−』(No.38)

衛藤安治
   ・思い出の一冊 『関口・初等ドイツ語講座』 (No. 34)
   ・『ベオウルフ』の写本について (No. 5)

王学群
   ・留学生から見た図書館 (No. 8)

大石幹人
   ・カウンターでのつぶやき 夜間開館担当者から (No.16)

大川裕嗣
   ・思い出の一冊 『山びこ学校』 (No.30)

大山 大
   ・「海外の図書館事情〜マサチューセッツ工科大学〜」(No.39)
 

岡田悦典
   ・『被疑者弁護権の研究』 (No.27)
   ・私の情報収集と図書館利用 (No.21)

荻路貫司
   ・フランス国立教育研究所図書館 (No. 30)
   ・貴重図書紹介 19世紀フランス初等教育史関係資料 (No. 7)

小椋正行
   ・図書館利用者協議会報告 (No.35)
   ・
旧制高商外国人教師ゲーテンビーの講義ノートを受贈 (No.33)
   ・
利用者アンケート集計結果について  (No. 31)
   ・学術情報システムについて (No. 2)
   ・福島県内大学図書館連絡協議会企画事業報告 (No. 38)
   ・ギャラリーコンサート2007 (No. 40)
   ・利用者アンケート集計結果報告(ダイジェスト)(No. 43)

尾澤喜絵
   ・こんなものがあったのか!『おとなの小論文教室。』(No.39)
 

小沢喜仁
   ・附属図書館利用者協議会が開催されました(No.39)
   ・「学術機関リポジトリー!!」(No.37)
   ・巻頭言 『「書」は知の礎(いしずえ)』(No.36)
   ・
「福島大学学術機関リポジトリ」、本公開がはじまりました(No.40)

小野原雅夫
   ・『共通価値:文明の衝突を超えて』 (No. 46)

---《》------

学術情報係
   ・教養演習「情報探索基礎講座」〜新入生を対象に、「情報リテラシー教育」実施〜 (No.35)
   ・
図書館ホームページ[携帯電話版]のご案内 (No.34)
   ・
情報探索マスターを目指せ! (No.33)
   ・
使ってますか?オンラインサービス! (No.33)
   ・電子ジャーナル“元年” (No.29)
   ・『情報探索基礎講座』 (No.29)
   ・新しく購入したCD-ROM、DVD (No.28)
   ・図書館新システムの紹介 (No.28)
   ・「雑誌記事索引CD-ROM」の使い方 (No.25)
   ・CD-ROMサーバの設置 (No.24)
   ・学内ネットワークを利用した文献複写申込みについて (No.24)
   ・ネットワークを利用した文献複写申込みを開始しました!” (No.22)
   ・ビデオ紹介 「新・図書館の達人」(3巻) (No.22)
   ・レファレンスカウンターにある”レファレンス依頼票” (No.21)
   ・新システム稼動開始! (No.20)
   ・「卒業論文作成のためのガイダンス」を終えて (No.19)
   ・ホームページ開設のお知らせ (No.19)
   ・NACSIS−IR活用のススメ (No.18)
   ・あなたは、図書館を活用していますか? (No.17)
   ・海外所在文献資料の取り寄せについて (No.15)
   ・CD-ROMによる検索 その2 『法律判例文献情報』文献検索編 (No.14)
   ・CD-ROMによる検索 その1 CD-HIASK(朝日新聞全文記事情報) (No.13)
   ・新年から電算機が新しくなります (No.11)
   ・新システム構成図 (No.11)
   ・『学術雑誌総合目録 欧文編』の改訂作業進行中(学術情報係) (No.10)
   ・学内LANによる研究室への情報検索サービスの準備を開始(学術情報係) (No. 8)
   ・図書館の電算化 : この一年をふりかえって(学術情報係) (No. 7)
   ・本学図書館の「電算化」始まる(学術情報係) (No. 6)

郭勝華
   ・留学生から見た図書館 (No. 6)

カク ホウ
   ・
カウンターの内側から (No. 39)

笠井博則
   ・思い出の一冊 『子午線の祀り』(No. 31)

片野一
   ・「イギリスの木工雑誌事情」−図書館紹介にかえて− (No. 26)

角田直之
   ・思い出の一冊『北極点グリーンランド単独行』 (No. 24)

勝倉壽一
   ・
『大鏡の史的空間』 (No. 36)
   ・映像情報社会と読書 (No.28)
   ・司馬遼太郎の文学と私 (No.16)
   ・図書委員として思う (No. 4)

加藤与志輝
   ・
One for all, All for one! カウンターの内側から (No. 31)

川崎興太
   
『ローカルルールによる都市再生:東京都中央区のまちづくりの展開と諸相』 (No. 47)

金井光生
   ・
思い出の一冊『なぜ「表現の自由」か』(No.39)
   ・
『裁判官ホームズとプラグマティズム』(No.40)
   ・
『フクシマで"日本国憲法<前文>"を読む:家族で語ろう憲法のこと』(No.49)

加納功大
   ・カウンターの内側から(No. 45)

菅野幸晴
   ・一般利用者の立場から(No. 41)

神戸秀彦
   ・ドイツのヴッパタールに暮らしてみて (No. 24)

菊池壮蔵
   ・「北都の55日」(No.29)
   ・書籍情報の奥行き (No.14)
   ・思い出の一冊 D. Defoe, A Tour Through the Whole Island of
             Great Britain, London, 1724-6 (No.11)
   ・図書館と「情報」のカタチ(No. 44)
   ・巻頭言「難しいことを易しく…」(No. 45)

菊地芳郎
   ・特別展示:「福大考古学の20年 −行政政策学類考古学研究室所蔵資料の展示−
    の開催(No. 41)
       ・「海外の図書館事情〜中国国家図書館〜」(No. 47)

浄沼智佳子
   ・
こんなものがあったのか!!〜たくさんの"さようなら"をご賞味あれ〜(No.34)
   ・図書館が苦手だった私 −カウンターの内側から−(No.32)

北村 寧
   ・書物と「格闘」しよう(No.32)

衣川修平
   ・思い出の一冊(No.40)

クズネツォーワ・マリーナ
   ・思い出の一冊 (No. 23)

九頭見和夫
   ・学内教官著作寄贈図書の紹介『赤十字の父 アンリー・デュナン』(No. 37)

   ・太宰治と外国文学−翻案小説の「原典」へのアプローチ(No. 33)

工藤雅樹
   ・『日本を問いなおす』(No.30)
   ・『律令国家とふくしま』(No.29)
   ・『古代蝦夷』(No.26)
   ・『古代蝦夷の英雄時代』(No.26)
   ・『蝦夷の古代史』(No.26)
   ・『古代蝦夷の考古学』(No.21)
   ・思い出の一冊 研究をささえてくれた一冊また一冊 (No. 9)

熊沢 透
   ・巻頭言 本は買って読む (No.33)
   ・
『人事労務管理の歴史分析』 (No.31)
   ・『社会保障:社会保障制度 社会保障サービス』 (No. 42)


栗田 寛
   ・「やさしい」図書館に −カウンターの内側から− (No.20)

栗原るみ
   ・『1930年代の「日本型民主主義」−高橋財政下の福島県農村−』 (No.27)
   ・『1920年代の金融恐慌』(No.25)
   ・抜群の研究環境とボードリアン (No.21)

黒崎 輝
   ・学内教員著作寄贈図書の紹介『核兵器と日米関係』(No. 44)

黒沢高秀
   ・図書館と講義とレポートと (No.22)

桑原源次
   ・思い出の一冊 『破戒』 (No. 3)

河野忠市
   ・大学図書館職員長期研修報告 (No. 9)

小島 定
   ・モスクワ図書館事情 −1998年の体験から (No. 22)
   ・思い出の一冊 『君たちはどう生きるか』(No. 47)

後藤史子
   ・思い出の一冊 夏が来れば思い出す『ファウスト』 (No.19)
   ・アメリカでの「写経」の話 (No. 9)

後藤康夫
   ・「海外の図書館事情 〜カリフォルニア大学バークレー校〜」 (No.38)

小松知未
   ・『農の再生と食の安全:原発事故と福島の2年』 (No.49)

小山純正
   ・思い出の一冊:『チョウはなぜ飛ぶか?』(No. 41)

小山良太
   ・『あすの地域論:「自治と人権の地域づくり」のために』 (No. 42)

コラ マリー ローズ
   ・留学生から見た図書館 (No. 7)

紺野スマ
   ・「自分で決める」と... 故・土田八重整理係長を悼んで (No. 5)

---《》------

齋藤公一
   ・「ヘイカ」にいらっしゃい −カウンターの内側から− (No.21)

齋藤 恵
   ・−カウンターの内側から− (No.38)

酒井裕太
   ・こんなものがあったのか! (No. 42)

坂上康博
   ・『にほん野球の系譜学』(No.28)
   ・『権力装置としてのスポーツ』(No.22)

坂本敦史
   ・図書館の活用法 −カウンターの内側から− (No.27)

坂本恵
   ・『外国人労働者と地域社会の未来』 (No. 42)

酒匂一雄
   ・自己評価こぼれ書き (No.11)
   ・海図の描きにくい時代に (No.10)
   ・悔いのない大学生活に大学図書館を (No. 9)

佐々木俊彦
   ・思い出の一冊 『 トレインスポッティング』 (No.36)

佐藤 理
   ・購入資料案内「健康と社会福祉のための教育」(No.30)

佐藤 健
   ・こんなものがあったのか!『紅一点論』(No. 43)

佐藤達哉
   ・IQに惑わされるな!『知能指数』(No.21)
   ・情報の大公開時代をサーフィンしよう。 (No.18)

佐藤洋一
   ・学外者の見た図書館 (No. 9)

佐藤良子
   ・図書館活用術を身につけよう!−カウンターの内側から− (No.30)

澤 正宏
   ・
『歌集 虫に聞け、草に聞け』(No.39)
   ・巻頭言「図書館随想」(No.37)
   ・
『子供たちに伝えたい校長先生のお話』(No.35)
   ・『西脇順三郎のモダニズム』(No.30)
   ・『日本の詩 近代篇』(No.25)
   ・思い出の一冊 文学の出発点にあった『悪霊』 (No.10)

参考閲覧係
   ・図書館見て歩き (No.11)
   ・複写物の入手がちょっと早くなりました (No.10)
   ・本年度も土曜開館を実施します (No.10)
   ・図書の配架変更について (No. 4)
   ・ご存知ですか?? 国立大学図書館間共通閲覧証の利用について (No. 1)

柴崎直明
  
 ・学内教官著作寄贈図書の紹介『地球のなぞを追って 』(No37)

柴原哲太郎
   ・思い出の一冊 (No. 26)

澁澤 尚
   ・「モーツァルト生誕250周年によせて」−聖人は終に大を為さず、故に能く其の大を成す−
                                     (No. 36)
   ・巻頭言 菩薩の心腸 (No. 31)

嶋津武仁
   ・思い出の一冊 (No. 4)

島田邦雄
   ・巻頭言「素晴らしき哉、図書館」 (No. 46)

清水修二
   ・思い出の一冊 「入口としての福澤諭吉」 (No.17)
   ・『臨界被曝の衝撃』(No.26)
   ・『東北発 災害復興学入門:巨大災害と向き合う、あなたへ:災害復興学テキスト』(No. 49)

下平尾 勲
   ・『地域産業の挑戦』 (No.29)
   ・『構造改革下の地域振興』 (No.28)
   ・『信用制度の経済学』 (No.23)
   ・『現代地域論』 (No.22)

霜鳥慶邦
   ・
海外の博物館事情〜ベルギーのイーペルより〜 (No.48)

下山憲治
   ・
ドイツ・大学附属図書館の散策 (No.34)
   ・思い出の一冊 人生の転機となった本? (No.14)

尚 得志
   ・大学図書館雑感 −カウンターの内側から− (No. 23)

庄司他人男
   ・『学びのメカニズム』 (No.32)

生島 浩
   ・
『非行臨床の焦点』 (No. 31)
   ・『学校臨床の現場から』(No. 43)
   ・『非行臨床の新潮流:リスク・アセスメントと処遇の実際』(No. 47)

情報管理係
   ・図書館 耳より情報!? (No.35)
   ・今野源八郎旧蔵書−全点整理完了 (No.33)
   ・メタデータって何? (No.31)
   ・遡及入力作業の終了について(No.30)
   ・特殊資料の遡及と件名検索について(No.26)
   ・蔵書数の8割が検索可能になりました。(No.25)
   ・図書館データベースの現状 (No.24)
   ・図書データベースの現状 (No.22)
   ・図書データベースの現状 (No.21)
   ・6版(旧分館蔵書)遡及進む (No.20)
   ・6版(旧分館蔵書)遡及進む (No.19)
   ・6版(旧分館)図書の遡及入力スタート (No.18)
   ・7版図書の遡及入力完了! (No.17)
   ・ロシア語図書入力はじまる! (No.16)
   ・機械検索の可能な図書24万件を超える (No.15)
   ・学術雑誌目次速報データベース (No.14)
   ・遡及データ、13万件に近づく (No.14)
   ・機械検索の可能なデータ数 (No.13)

情報サービス担当
    ・
附属図書館  増築改修工事(No.49)
    ・
利用者アンケートの結果について
    〜「日曜開館」と「シラバス参考図書コーナー」に関するアンケート〜(No.34)
   ・
福島大学サテライト「街なかブランチ」におけるサービスについて(No.34)
   ・
『シラバス参考図書コーナー』を設置。ぜひご活用ください!(No.33)
   ・
日曜開館と開館時間の延長(平日22:00まで)ついに実現!(No.33)
   ・「利用者アンケートから出された意見・要望への回答」をロビーに掲示しました(No.32)
   ・「図書選定委員会推薦図書」コーナーの設置について(No.32)
   ・図書館からのお知らせ(No.29)
   ・図書館の達人シリーズVOD視聴を試験的に運用開始 (No.28)
   ・図書館のパソコン利用について (No.27)
   ・東北地区国立大学図書館間の学生証による相互利用について(No.26)
   ・タバコを吸う方は喫煙コーナーで!!(No.25)
   ・学生用複写機が更新されました(No.25)
   ・「国立大学図書館間共通閲覧証」の廃止について(No.25)
   ・附属図書館用カンレンダ−(No.25)
   ・パソコン利用開始!!(No.25)
   ・複写機の更新 (No.24)
   ・図書自動貸出返却装置(ABC)の稼動について (No.23)
   ・軽読書コーナーに”テレビ”を設置しました。 (No.22)
   ・ブックコピー機があたらしくなりました (No.18)
   ・AVコーナーで気軽に音楽を (No.18)
   ・お知らせ 図書館の入館方法が変わります (No.17)
   ・マイクロリーダープリンタが新しくなりました。 (No.16)
   ・How to use our library? 図書館に本を備えつけてほしい! (No.13)
   ・図書館見て歩き(2) (No.12)

資料受入係
   ・購入資料案内 行政裁判所判決録 (No.20)
   ・購入資料案内 (No.18)
      NATO ASI Series, F; Computer and System Sciences.
      朝日新聞復刻版 明治編 第I期 明21.7-明27.12
   ・購入資料案内 「経済文献の達人 全3巻」 (No.15)
   ・購入資料案内 ロシア帝国軍事史関係コレクション (No.14)
   ・購入資料案内 全国短期大学紀要論文索引 (No.12)

白石 豊
   ・
『どの子ものびる運動神経』 (No.34)

白田真紀子
   ・平成13年度大学図書館職員長期研修報告 (No.27)
   ・アメリカ大学図書館事情 ミドルテネシー州立大学 大学図書館を訪ねて (No. 26)

震災関係資料収集担当
   ・東日本大震災に関する資料をご提供ください! (No.48)

新保芳栄
   ・「各種出版物に掲載された経済学部関係逸話」〜『信夫の風』〜(2)(No. 37)
   ・「各種出版物に掲載された経済学部関係逸話」〜『信夫の風』〜 (No. 36)
   ・「各種出版物に掲載された経済学部関連逸話」〜『信夫の風』〜(3) (No. 38)

末吉健治
   ・『企業内地域間分業と農村工業化』 (No.23)

鈴木 浩
   ・『日本版コンパクトシティ』(No. 39)

鈴木善弘
   ・思い出の一冊 『植物と文明』 (No. 2)

鈴木貴士
   ・「こんなものがあったのか!『日本山岳遭難史』(No. 37)
   ・「カウンターの内側から」 (No. 40)

鈴木庸裕
   ・『ハンドブック学校ソーシャルワーク演習 : 実践のための手引き』(No. 45)

鈴木
真理子
   ・留学生Library Tour 〜James E. Walker Library〜 (No. 33)

鈴木実
   ・図書館は「情報の宝庫」 −カウンターの内側から− (No. 26)

鈴木めぐみ
   ・「海外の図書館事情(スイス)」(No. 37)
   ・『役に立つ/立たない』図書館活用法 (No. 23)

銭谷一平
   ・
「図書館は何階建てだか知っていますか?」−カウンターの内側から−

整理係
   ・機械検索の可能なデータは今どのくらいあるか (No.11)
   ・図書資料の遡及入力作業について (No.10)
   ・遡及入力について (No. 9)
   ・整理係からひとこと (No. 6)

総務係
   ・図書館利用者協議会開催される (No.31)
   ・日本近代史研究史料コレクション「公文別録」篇 (No.29)
   ・ネットワークを利用した「資料購入依頼」サービスを開始しました (No.27)
   ・購入資料案内 ロシアの協同組合運動(No.26)
   ・購入資料案内 米国戦略爆撃調査団 日本関係調査報告 オリジナル・ドラフト (No.25)
   ・お知らせ〜郵便番号、電話番号が変わります (No.19)
   ・幕末・明治期古写真等資料展開催 (No.17)

十河利明
   ・『21世紀世界経済の展望』 (No.34)

---《》------

大黒太郎
   ・海外旅行で図書館へ行く (No. 26)

高玉宏太郎
   
「カウンターの内側から」(No. 37)

鄕橋 準
   『ジェンダー学への道案内』(No. 39)

高橋隆行
   ・思い出の一冊 『O.Henry短編集』(No. 37)
   ・巻頭言「技術と文字情報」(No. 44)
  
   ・震災、そして地域の大学附属図書館の役割(No. 48)

高橋秀幸
   ・図書館は出会いの宝箱 −カウンターの内側から− (No. 25)

高野保夫
   ・開かれる地平−変わるふくしまの教育 (No. 33)
   ・巻頭言「古書の寄贈」 (No. 41)

田添京二
   ・貴重図書紹介  スコットランド歴史協会叢書 (No. 4)

田中信也
   ・
図書館の案内役はあなたです!−カウンターの内側から (No.33)

田中進
   ・県内大学図書館等との相互協力について (No.18)
   ・「ゆく川の流れは絶えずして」 (No.18)
   ・動き出した「電算化」 (No. 5)
   ・学術情報システムに関わる「雑誌」の動向 (No. 3)

谷口康子
   ・未来の目録のために (No.14)
   ・Quality Informationを求めて (No.13)

田村奈保子
   ・「セーヌを見下ろすガラスの書庫」新フランス国立図書館 (No.25)

丹治文雄
   ・図書予算と収書について (No. 3)

千葉悦子
   ・巻頭言「この頃の読書推進について思うこと」(No. 38)
   ・巻頭言「館長就任のご挨拶」(No. 49)

中馬教允
   ・『ふくしまの地下水』 (No.28)
   ・思い出の一冊 (No.27)

津田内匠
   ・図書館主催講演会開かる 情報としての貴重書・古版本 (No. 6)

辻みどり
   ・巻頭言「図書館・大学・美術館〜地域と連携し春を呼ぶ〜」 (No. 42)

土田八重
   ・新入生に推せんする新着図書案内 (No. 3)

筒井 雄二
   ・学内教員著作寄贈図書の紹介 
      『ラットを用いた記憶課題による脳内コリン作動性神経系の機能の解析』(No. 44)

円谷晴寿
   ・カウンターの内側から (No. 24)

照沼かほる
   ・思い出の一冊:『アメリカの文学』(No. 43)

董 彦文
   ・『日常業務データに基づく取引先の信用評価手法とシステムに関する研究』 (No. 46)

富澤 克美
   ・『アメリカ労使関係の精神史:階級道徳と経営プロフェッショナリズム』 (No. 48)

図書館から
  
祝日開館開始!/図書館メールマガジン「Library today」 (No. 37)
  
 ・学生による選書ツアーを試行(報告) (No. 48)

---《》------

長尾光之
   ・文字のない生命は死である (No.24)
   ・図書館の将来への展望(No.23)
   ・読書の魅力 (No.20)

中川 伸二
   ・巻頭言「重たい本」 (No.48)

中里見 博
   ・
『世界のポジティヴ・アクションと男女共同参画』 (No.36)
   ・
『ジェンダー法学・政治学の可能性』 (No.36)
   ・
『憲法24条+9条〜なぜ男女平等がねらわれるのか〜』(No.35)
   ・思い出の一冊『プライベート・ゲイ・ライフ −ポスト恋愛論−』(No.32)
   ・
『フロンティア法学』第2版(No.38)
   ・
『セクシュアリティと法』(No.38)
   ・『ネーションと市民』 (No. 42)

中田洋二郎
   ・『こうすればうまくいくADHDをもつ子の学校生活』 (No.27)

長沼秀徳
   ・「カウンターの内側から」夜間開館担当者から (No.18)

中畑 淳
   ・思い出の一冊  (No.28)

永幡幸司
   ・思い出の一冊(No.29)
   ・「FUKURO_フクロウ_」学内教員研究成果の紹介
           『音環境の政治的正しさをめぐって』(No. 44)

中間玲子
   ・『自己形成の心理学』(No. 41)

中村恵子
   ・思い出の一冊 本から地域を味わう (No.13)

中村民雄
   ・
『スポーツによる地域貢献で大学は変わる』 (No.36)
   ・思い出の一冊 本の臭いに魅せられて (No.15)

中村勝克
   ・「海外の図書館事情」 〜オークランド大学 総合図書館〜 (No. 42)

中村泰久
   ・「ハンガリー・コンコイ天文台の図書室」(No. 23)

那知上佑
   ・裏田先生を悼む (No. 4)
   ・充実した学生生活を期待して (No. 3)

新関剛史
   ・
留学生から見たカナダ・ビクトリア大学図書館の謎 (No. 31)

新村繁文
   ・『「社会的弱者」の支援にむけて:地域における権利擁護実践講座』 (No. 46)

西内裕一
   ・「マンガをよむ」とはどういうことか? (No. 9)

西崎伸子
   ・学内教員著作寄贈図書の紹介『抵抗と協働の野生動物保護』(No. 43)

西山泰男
   ・「利用者の声」一般開放に感謝!(No. 37)
   ・一般利用者の立場から (No. 42)

西元良行
   ・思い出の一冊 「ザ・ファントム」からの自由 (No. 5)

入戸野 修
   ・『材料科学への招待』 (No. 36)
   ・『材料の科学と工学』 (No. 36)

---《》------

芳賀盛行
   ・福島大学附属図書館自己評価報告書 −附属図書館の現状分析と評価−(No.32)

箱木禮子
   ・ユーザーが幸せを感じる図書館とは (No. 24)

蓮沼徹也
   ・こんなものがあったのか!〜素敵な写真集がありました〜(No. 33)

畑野智栄
   ・図書館と私 −カウンターの内側から− (No. 22)

初沢敏生
   ・思い出の一冊 「伝説」 (No. 7)

浜島京子
   ・
『けんこうなせいかつ:小学校低学年・児童用学習書:保健学習教材』(No.49)

原田悠人
   ・
こんなものがあったのか!(No.40)

早坂明夫
   ・附属図書館の電算化元年にあたって (No. 6)

林 修
   ・思い出の一冊 「猫背の王子」 (No. 33)

晴山一穂
   ・『独立行政法人』 (No.24)
   ・パリの大学図書館 (No.19)

半沢 康
   ・
関東・東北境界域言語地図 常磐線・磐越東線グロットグラム(No.33)
   ・『東北ことば』(No.29)

東田啓作
   ・「海外の図書館事情」 (No.36)
   ・図書館の利用目的 (No.25)

樋口徹
   ・「大塚文庫」のこと (No.26)
   ・図書館の今 (No.16)
   ・本とのつきあい その4 (No.15)
   ・本とのつきあい その3 (No.14)
   ・本とのつきあい その2 (No.13)
   ・本とのつきあい その1 (No.12)
   ・貴重図書紹介 (No. 6)
      The Statutes of the Realm from Magna Carta to
      the End of the Reign of Queen Anne.
   ・レスター大学図書館のこと (No. 4)

樋口良之
   ・巻頭言 「図書館はユーザが育てるもの」 (No.35)

飛田操
   ・『教科書 社会心理学』 (No.25)
   ・学内教員著作寄贈図書の紹介『現代社会を社会心理学で読む』(No. 43)

平野貴司
   ・こんなものがあったのか!「天気を予知することわざの数々」 (No.35)

昼田源四郎
   ・海外の図書館事情 (No. 40)
       ・巻頭言「電子図書館への期待と「本」への愛着」(No. 47)

廣瀬奈津子
   ・こんなものがあったのか! 『華々しき鼻血』(No. 45)

福田一彦
   ・「電子ジャーナル」ってナニ? (No.30)

福田和久
   ・卒業生の見た図書館 (No. 8)

福島大学附属幼稚園
   
『子どもの心が見えてきた:学びの物語で保育は変わる:learning story』 (No. 47)

藤松素子
   ・思い出の一冊 「私の愛したおんなたち」 (No.16)

舟山光三
   ・国立大学図書館の公開サービスについて (No. 4)

星久美子
   ・カウンターの内側から(No. 41)

星埜惇
   ・思い出の一冊 そのときどきに一冊 (No. 6)

星野共二
   ・『情報化と社会』 (No. 26)
   ・巻頭言「本と電子データ」 (No. 40)
   ・FUKURO(フクロウ)の羽ばたき〜福島大学学術機関リポジトリ〜(No. 43)

堀孝彦
   ・カリキュラムと連携した図書館サービスも! (No. 1)

堀口恵理子
   ・こんなものがあったのか!!〜 たくさんの"さようなら"をご賞味あれ〜(No.34)

---《》------

前柳拓之
   ・留学生から見たオーストラリアの図書館事情!(No.32)

町田俊彦
   ・福島大学を去るにあたって (No. 9)

松井秀親
   ・思い出の一冊 『一青年の思想の歩み』 (No. 1)

松野 光伸
   ・『小さな自治体の大きな挑戦:飯舘村における地域づくり』 (No. 48)

三浦浩喜
   ・思い出の一冊 「歴史の見方を教えてくれた本」 (No.18)

三崎秀央
   ・『研究開発従事者のマネジメント』 (No.35)

南 俊二
   ・ブラボー!〜附属図書館ギャラリー・コンサート2006〜 (No.38)

(No.35)

美馬武千代
   ・姉妹校、ヴィクトリア大学 (No.20)

村上雄一
   ・「君はマイクロフィルム・リーダーを見たか?」−海外の図書館事情− (No. 41)

森 大和
   ・カウンターの内側から (No. 42)

森 良次
   ・購入資料紹介 『シュモラー年報』(No.32)
   ・研究の現場(No.29)
   ・海外の図書館事情〜ドイツの文書館〜(No. 44)

守友裕一
   ・『共同組合運動のエトス』(No.32)

門間泰子
   ・大学図書館職員講習会報告(No.32)
   ・図書館総合展in白河報告(No.49)

---《》------

山浦廣海
   ・思い出の一冊 私を通商専門に引き込んだこの一冊 (No.20)

山川充夫
   ・
『大型店立地と商店街再構築−地方都市中心市街地の再生に向けて−』 (No.34)

山岸 祟
   ・図書館ジャングル−カウンターの内側から−(No.29)

山口克彦
   ・本選びの勘 (No.27)

山田 舜
   ・図書館に親しむ (No. 2)

山本征宏
   ・図書館で勉強することについて −カウンターの内側から− (No. 28)

横山雅夫
   ・ニューヨーク州立大学に滞在して (No.28)

吉岡幹夫
   ・思い出の一冊 生き方を示唆してくれた数冊の本 (No.12)

吉川宏人
   ・思い出の一冊 よそ者の見た「ほんとの空」 (No.14)
   ・思い出の一冊 授業での一冊 (No. 8)

吉田 樹
   ・思い出の一冊 『交通まちづくりの時代』 (No.48)

吉田孝
   ・’しおり’とキーボードと (No. 8)
   ・「本」 (No. 7)

吉田 智也
   ・学内教員著作寄贈図書の紹介 『連結財務諸表:要説』(No. 44)

吉田 希
   ・「コミュニケーションの大切さ」−カウンターの内側から− (No.35)

吉田秀夫
   ・こんなものがあったのか!(No. 41)

吉原泰助
   ・「各出版物に掲載された経済学部関係逸話」〜『信夫の風』〜 (No. 36)
   ・《今野源八郎旧蔵書》覚書
『目録』完成の節目にあたって− (No.34)
   ・「フランス経済・社会思想稀覯書コレクション」余滴 (No.17)
   ・「フランス経済・社会思想稀覯書コレクション」について(3・完) (No.16)
   ・「フランス経済・社会思想稀覯書コレクション」について(2) (No.15)
   ・「フランス経済・社会思想稀覯書コレクション」について(1) (No.14)

---《》------

李適仲
   ・留学生から見た図書館 (No. 5)

利用者サービスチーム
   ・新図書館システム運用開始 (No. 39)
   ・『PCエリア』オープン (No. 39)
   ・福島大学附属図書館と福島県立図書館の連携について (No. 42)
   ・図書館新着情報(No. 43)
   ・図書館新着情報(No. 44)
   ・図書館新着情報(No. 45)
   ・東日本大震災による図書館の被害状況 (No. 46)
   ・図書館新着情報(No. 47)
      ・特設コーナー「今、知りたいこと」から「震災関連資料コーナー」へ(No. 48)
      ・図書館相互協力による協定「ふくふくネット」(No. 48)
      ・ふくふくネット交換展示(No. 48)

---《
》------

渡邊明
   ・『気候が変わる −地球温暖化を考える−』(No. 40)

渡辺源次郎
   ・貴重図書紹介 稀覯本余話 (No. 2)

渡辺武房
   ・その昔 福島大学の近くにあった図書館〜曳尾堂文庫〜 (No. 35)
   ・その昔 福島大学の近くにあった図書館(その3)「青雲文庫岩代図書館」 (No. 32)
   ・その昔 福島大学の近くにあった図書館(その2)「松川町議会図書室」 (No. 31)
   ・「あぶくま山系農村図書館」(No.30)
   ・第9回福島県内大学図書館連絡協議会実務者研修会報告
     「地域・地区内コンソーシアム」について」(No.30)
   ・大塚久雄文庫開設について (No.28)
   ・運輸・交通・道路関係和資料の書誌情報提供はじまる
                     −今野源八郎蔵書の一部利用可能− (No.27)
   ・合同研修会開かる
      −平成12年度東北地区大学図書館協議会合同研修会報告− (No.27)
   ・好評だった稀覯書展 (No.24)
   ・所蔵資料あれこれ 福島高等商業学校生徒論文目録 (No.15)
   ・所蔵資料あれこれ 明治二十一年同廿五年紜擾事件書類 (No.14)
   ・所蔵資料あれこれ 第百七国立銀行本店総勘定元帳 (No.13)
   ・所蔵資料あれこれ 師範学校長肖像画 (No.12)
   ・所蔵資料あれこれ 福師甲子園野球大会活躍の掛図 (No.11)
   ・県内古書店めぐり(会津若松・白河・いわき編) (No.10)
   ・県内古書店めぐり(福島・郡山地区) (No. 9)
   ・満鉄資料と呼ばれてきたもの (No. 8)
   ・「卒業論文作成のために」の刊行について (No. 5)
   ・レファレンスこぼれ話 「慰霊碑」裏面の短詩 (No. 4)

渡邊寛子
   ・涼しいものは...? 夜間開館担当者から (No.17)

渡邉博
   ・最近における図書館の状況と課題 (No.14)

渡辺恭彦
   ・「福島大学図書館百科」の刊行を喜ぶ (No.17)
   ・今日の福大図書館の課題 (No. 6)
   ・大学生としての自覚を、そして読書を (No. 5)
   ・図書委員として思う (No. 4)

渡辺義夫
   ・今野源八郎先生寄贈図書・資料について (No.20)
   ・大塚久雄氏の蔵書 本学図書館へ (No.19)
   ・子ども文庫と大学図書館とのあいだ (No.17)
   ・日本語・ローマ字・図書館 (No.16)

最初


gakujo@lib.fukushima-u.ac.jp
「書燈」トップページ